使える 技術計算 フリーソフト TOP <スマホ版> ページへ
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
地盤改良、
液状化の判定、杭基礎の計算
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

基礎工 フリーソフト
基礎工・地盤支持力
改良・液状化・杭基礎
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面
地盤改良、液状化の判定、杭基礎の計算のフリーソフトです。浅層混合処理工法による改良地盤の長期許容支持力の算定と布基礎の検討、深層混合処理工法の柱状改良体の長期許容支持力の算定、地盤液状化の判定計算、打込み杭工法・場所打ち杭工法・中堀杭工法の杭基礎の安定計算、PC杭・PHC杭の水平耐力の検討負の摩擦力に対する杭の支持力の検討などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

フリーソフト
サイト内 ランキング
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
地盤改良、液状化の判定 フリーソフト
表層改良 Kさん
浅層混合処理工法による、改良地盤の長期許容支持力の算定と布基礎の検討をするソフトです。
柱状改良 Kさん
柱状改良体の長期許容支持力の算定をするソフトです。
スウェーデン式サウンディング試験の結果で、深層混合処理工法によります。
地盤改良設計計算支援 YUKI for Windows
新指針に対応した建築地盤改良の設計支援プログラムです。
建築物のための地盤改良工事において、設計計算書のスケルトンを作成できます。
EXCEL 薬液注入改良 断面計算
下水道工事の地盤改良を行う、埋設管(外圧管、推進管、陶管・塩化ビニル管)の構造計算プログラムです。計算式はマーストン公式・直土圧式、下水道協会式(改訂式)、道路土工に対応します。
EXCEL 地盤種別 液状化の判定
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
耐震設計上の地盤種別および砂質地盤の液状化の判定を行います。
地盤種別・液状化判定の必要層・地震時せん断応力比・動的せん断強度比を詳細に出力し、計算結果一覧表を出力します。
液状化の判定

フリーソフト
サイト内 ランキング
液状化の判定が最大10層できるソフトです。
CKC-Liq_SI
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
地盤の液状化簡易判定計算を行い、結果帳票を作成し印刷するツールです。
統合GIS地盤データベースシステム[G-Cube]に付属しているツールです。
SI単位、従来(CGS)単位の計算が可能です。
スポンサーリンク
杭基礎の計算 フリーソフト
杭の支持力算定プログラム (道示編)
杭の許容支持力を道示IVに基づいて算定するプログラムです。
支持杭および摩擦杭の許容支持力の算定です。打込み杭工法・場所打ち杭工法・中堀杭工法・中堀杭工法・中堀杭工法など施工法別に標準的な値を算出します。
杭基礎の安定計算
道路橋示方書・同解説IV下部構造編(H14.3)に準拠し、線形弾性地盤反力法にて杭基礎の安定計算を検討します。常時、暴風時およびレベル1地震時に対する安定検討が行えます。杭のバネ定数は内部計算機能があります。
DPILE
PC、PHC杭の水平耐力検討用ソフトです。断面性能も入力不要です。
操作は簡単で直感的にできます。見積用には最適です。
NPILE
杭の支持力計算用プログラムです。
杭の諸係数は入力する必要が有りません。簡単に使えます。
杭ののみこみ長さによる必要有効成の計算
杭ののみこみ長さによる必要有効成の計算を行います。
杭径及び杭耐力による必要基礎成(デプス)の計算です。
杭基礎 : PHC杭(短杭)の許容支持力の算定
杭基礎:PHC杭(短杭)の許容支持力の算定を行います。
杭基礎 : 負の摩擦力に対する杭の支持力の検討
杭基礎:負の摩擦力に対する杭の支持力の検討を行います。
杭基礎スラブのベース筋先端付着長さの計算
杭基礎スラブ:杭基礎スラブのベース筋先端付着長さの計算を行います。
使える 技術計算 フリーソフト TOP
普通の土砂地盤のケースでは、掘削作業に続いて、割栗石や砕石などを敷き均して基礎地盤の処理を行います。基礎と地盤改良、多層地盤の盤ぶくれ、抑止杭設計、梁強度計算、仮設土留め矢板など、地盤改良・薬液注入・液状化のフリーソフトのリンク集です。掘削底面を長時間放置すると、緩みや風化を生じるので、コンクリート打設直前によい基礎底面を出すか、均しコンクリートで被覆を行います。薬液注入、液状化判定、地盤改良の計算、深層混合処理、地盤改良における盤ぶくれの計算、土壌改良の施工、深層混合処理設計計算、浅層地盤改良などの地盤改良・薬液注入・液状化のソフトです。砂地盤のケースでは、割栗石を砂層に十分たたきつけ、均しコンクリートを打設します。基礎底面の処理について検討を行います。基礎底面は、支持地盤に密着し、十分なせん断抵抗が保持できるように処理します。掘削によって、支持地盤が緩まないように注意します。
− END −