使える CADフリーソフト TOP
使える CAD フリーデータ の ダウンロード
受水槽、給水タンク、貯水槽 CAD
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

使える CAD データ
■ 配管設備 CAD
配管アイソメ図
KITZ キッツ、日立金属
継手、塩ビ管継手、DV継手
仕切弁、バタフライ弁
バルブ、ボールタップ 受水槽、給水タンク、貯水槽のCADデータが、ダウンロードできます。
蛇口、水栓金具、立水栓
パネルタンク、FRP製給水タンク、ステンレスパネル型、蓄熱槽・貯湯槽、受水槽廻り施工図、FRP製給水タンク、ステンレス製給水タンク、FRP製貯湯槽、ステンレス製貯湯槽、防火水槽、耐震性貯水槽などの、CADデータが、ダウンロードできます。
排水金物、排水トラップ
ドレイン、ルーフドレイン
受水槽・給水タンク・貯水槽のCADデータはダウンロードサイトが少なく、あちこち探すのに苦労します。このページでは、リンク集をまとめて紹介しています。
量水器、水道メーター
陸上ポンプ、水中ポンプ
受水槽、給水タンク
また、記事の後半では、飲み水の品質に及ぼす課題や、受水槽・給水タンク・貯水槽のCADデータを用いた、品質問題の解決方法などを説明しています。

使える CAD
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
受水槽、給水タンク CAD フリーデータ
建築設備 セツビット
受水槽廻り施工図の、CADデータが、ダウンロードできます。
三菱樹脂インフラテック
パネルタンク、FRP製給水タンク、ステンレスパネル型、蓄熱槽・貯湯槽などの、
CADデータが、ダウンロードできます。
積水アクアシステム
FRP製給水タンク、ステンレス製給水タンク、FRP製貯湯槽、ステンレス製貯湯槽などの、CADデータが、ダウンロードできます。
受水槽 図面 Google
受水槽 図面、写真、イラストが、見れます。多数のアイテムを表示できます。
スポンサーリンク

使える CAD データ
■ 図形 CAD
日本地図
矢印記号、方位記号
座標変換ソフト 貯水槽 CAD フリーデータ
SXF変換・SFC変換
DXF変換、JWC変換 千葉窯業
オートシェイプ 貯水槽の、CADデータが、ダウンロードできます。
Vectorworks
日本コンクリート
SketchUp
防火水槽、耐震性貯水槽の、CADデータが、ダウンロードできます。
ピクトサイン、ピクトグラム
■ 空調設備 CAD ホクコン
エアコン 防火水槽、耐震性貯水槽の、CADデータが、ダウンロードできます。
ダクト、スパイラルダクト
ランデス
防火ダンパー
耐震性防火貯水槽の、CADデータが、ダウンロードできます。
換気扇、グリル
換気口、換気孔、点検口
フレキシブル配管 お求めのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、まとめサイトを探してみてください。
次のサイトでは、受水槽・給水タンク・貯水槽のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
受水槽・給水タンク・貯水槽、CADデータのまとめサイト
受水槽や貯水槽はCADデータを使って効率的な定期点検を
マンションの住人やビルの居住者が普段使う水を、受水槽で受けて送る場合、1年ごとにタンクの検査を行います。

しかし、厚生労働省の調査統計では、毎年30%程度、何らかの不具合があり改善を求められています。

このページでは、受水槽・給水タンク・貯水槽が、飲み水の品質に及ぼす課題について見ていきます。

受水槽・給水タンク・貯水槽を取り扱う関係会社のホームページをまとめています。
そのため、目的の会社から、受水槽・給水タンク・貯水槽などの資料を探すことが簡単にできます。


◆◆◆ 水の水質保持における問題点 ◆◆◆

◆ 受水槽からの水が汚染される原因とは

受水槽や配管などが汚れる原因は、サビや虫の侵入、ひび割れなどがあります。
その他に、太陽光が高置水槽のパネル壁を通して入り、藻を発生させてしまうこともあるでしょう。

また、高置タンクの事故事例として、台風により施錠していないマンホールが開いてしまい、水を飲みに来た野鳥が槽内で死に、水が汚染されたという事例が報告されています。

そのため、定期的に点検・清掃を行い、最低年1回は専門機関による検査を受けることが、法で定められています。

◆ 引き続き、受水槽の汚れをなくすための具体的な方法を、次の解決策の提示で見てみましょう。


◆◆◆ CADを使って徹底した受水槽・貯水槽の管理を行う方法 ◆◆◆

◆ 設置の段階から貯水槽を清潔に保つ工夫が始まる

貯水槽内部の清掃は、最低年1回必要です。

そのため、タンクの設置に当たっては、清掃や点検のための保安距離が、法定で定められた幅になるように給水設備の設計を行っていることを確認してください。

これは、貯水槽の水質を守るために必要なことです。

他には、給水設備の給水方式を、貯水槽を設けずに直送方式とすることも、タンクによる汚損防止の1つの方法になります。

◆ 貯水槽の定期点検はどのくらいの周期で何をするのか

受水槽や高置水槽の点検は、例えば2週間ごとのように、外観点検を行う必要があります。
内容は、機能面と水質の両面を見ていきます。

具体的には、タンクのひび割れや漏水の確認、マンホールの施錠状況、タンク内に浮遊物がないかの確認です。

そのほか、レベル制御などタンク機能の動作確認などの機能面、さらに、水に色や臭いがないかなどの水質面です。

もし異常があれば、詳細の検査を依頼し、異常個所の対処が必要です。

また、点検や補修した記録は、経歴が分かるように整備しておく必要があります。

◆ CADデータを用いた図面で効率的に貯水槽を管理する

給水装置の図面は種類が多いため、CADデータとソフトで作成することで、効率的に運用できます。

例えば、錆が発生し汚染されそうな場所を、図面でチェックすることで、点検箇所の見落としを防止できます。

このときに、CADで作成した図面を使えば、清掃・点検箇所を図面にマーキングし、工事施工者にそれを元に作業要領を周知させるなど、効果的な管理が行えます。


◆◆◆ まとめ/貯水槽での汚染を防ぐCAD図面の使用法 ◆◆◆

◆ 貯水槽はどの部位でも水を汚染する可能性がある

多くのビルなどでは、受水槽と高置水槽を設置し、ポンプで水圧を上げて、水を供給する方式が用いられています。

しかし、この方法で供給をする場合、一番大切なのは水の汚染による健康被害が起きないようにすることです。

特に、貯水槽のどの部位でも水を汚染する可能性がある、ということを念頭に置いておかなければなりません。

◆ 図面チェックと定期的な点検・検査により貯水槽の汚染を防ぐ

水の汚染を起こさないためには、清掃や検査を受検することと同時に、図面を最新版として常に整備しておくことが求められます。

◆ CADを使って図面と点検の効率化を

CADデータを使って図面を作成するときに、図面に汚染箇所をマーキングし、チェックリスト化するなどの工夫をすれば、抜けない点検・検査の実施が可能になります。
− END −