使える 技術計算 フリーソフト TOP <スマホ版> ページへ
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
流量計算、水理計算、
排水計算、雨水計算
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

流量計算 フリーソフト
流量計算・排水計算
等流・不等流計算
水路工・堰ダム
調整池の計算
流量計算、水理計算、排水計算、雨水計算のフリーソフトです。台形断面・円形断面・任意形状断面の流量計算、単断面・複断面の水理計算・水深計算、矩形水路・台形水路・管渠水路の流下能力計算・管渠断面計算、計画雨水量と施設流量を比較、汚水の流量計算、マニング公式・クッター公式・合理式による雨水量の計算、雨水浸透施設の浸透量を計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面

フリーソフト
サイト内 ランキング
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
流量計算、水理計算のフリーソフト
流量計算ツール I
台形断面、円形断面、任意形状断面の流量計算を行います。
図形描画が可能です。台形断面と円形断面については限界水深等の水理特性を計算します。
水理計算プログラム for Win
簡単メニュー・多公式対応、水理計算プログラムです。
小規模プログラムですが仕事に役立ちます。
水理計算
単断面および複断面の水理計算(水深計算)を行うプログラムです。
矩形水路、台形水路、管渠水路に対応します。流下能力計算(管渠断面)を行います。マニング平均流速公式により計算し、計算書を出力できます。
スポンサーリンク
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
排水計算、雨水計算のフリーソフト
流量計算 (雨水編)

フリーソフト
サイト内 ランキング
雨水施設の種類と大きさを、計画雨水量と施設の流量を比較し決定するソフトです。施設の負担できる最大流域面積も計算します。計算のチェックが容易にでき、各申請書に添付できます。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
流量計算 (汚水編)
汚水施設の種類と大きさを、計画汚水量と施設の流量を比較し決定するソフトです。施設の負担できる最大計画人口も計算します。流速の計算はマニング公式又は、クッター公式によります。
21世紀 雨水流量計算システム 「1秒算雨水」
パワーアップバージョンした流量計算表のプログラムです。エクセルを使用し、表形式流量計算書報告書にもそのまま添付可能です。面積の逓加を算出し、延長の最長を自動判別加算します。認可外からの流入にも対応します。
21世紀 汚水流量計算システム 「1秒算汚水」
汚水の流量計算表のプログラムです。エクセルを使用し、表形式流量計算書報告書にもそのまま添付可能です。各自治体の様式に合わせられます。面積の逓加を自動算出し、延長の最長を自動判別加算します。
流量計算 (合流編)
下水(雨水汚水)排水施設(合流式)の種類と大きさを、計画下水量と施設の流量を比較し決定するソフトです。流速の計算は、マニング公式又はクッター公式によります。
雨水浸透施設計算
雨水浸透施設の浸透量を計算し、対策雨水量と比較して施設の種類及び大きさを決定します。対策雨水量の計算は合理式によります。地域の計算方法を追加することもできます。
使える 技術計算 フリーソフト TOP
開水路がもつ独自の問題として、常流と射流の2つの流れがあり、開水路の水理を検討する際には、たいへん重要なことになります。洪水到達時間、港研式、降雨強度式算出ソフト、水理公式、降雨強度式、水理計算、流出計算など、流量計算・排水計画のフリーソフトのリンク集です。流れの種類には、等流、不等流、不定流などがありますが、どの流れを検討する際にも、等流計算が基本になります。ある程度の長い区間において水路の状況が一定であれば、その区間の流れは等流ということができます。流量計算、流速、フリーソフト、調整池、クラーヘン式、タルボット式、ルチーハ式、マニングなどのフリーソフトが、ダウンロードできます。人工水路の設計では、等流計算がよく使われます。開水路についての検討が必要です。通常の開水路の流れは、自然河川の流れ、用水路、排水路、下水道の流れなど、大気に接しながら、河床勾配に沿って流れています。
□ 排水関係設計図の作成について

排水施設が適切に施工されるために、必要に応じて次に示すような排水関係設計図を作成しなければならない。
(1) 排水系統図
(2) 横断図
(3) 横断排水施設一般図(横断工詳細図)

排水系統図について、排水系統を明確にするために、必要に応じて排水系統図を作成する。排水系統図には、以下の事項を記入する。
(a) 排水施設の名称、サイズ、敷高、側溝や排水管の通水断面、集水桝の内空断面
(b) 排水の流下方向は、図中に矢印で記入する。
(c) 排水勾配
(d) 排水構造物の図面表示、旗上げ
(e) その他、集水桝部における表示の凡例等

□ 用途地域別平均流出係数について

用途地域別平均流出係数は、次の通りとする。
 敷地内に間地が非常に少ない商業地域及び類似の住宅地域 : 0.80
 浸透面の屋外作業場等の間地を若干もつ工場地域及び若干庭がある住宅地域 : 0.65
 住宅公団団地等の中層住宅団地及び1戸建て住宅の多い地域 : 0.50
 庭園を多く持つ高級住宅地域及び畑地等が割合残っている郊外地域 : 0.35


                                 参考文献:「道路土工要綱」
− END −