使える 技術計算 フリーソフト TOP
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
技術計算 フリーソフト の
ダウンロード
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 人気の技術計算フリーソフトのページへの、リンクについて

技術計算 フリーソフト
・ 人気の技術計算フリーソフトのページは、
    このページ、左サイドの 〔サイト内ランキング〕 から、移動してください。

・ 人気ランキング11位以降のページは、サイト内ランキング下の
     〔全画面表示〕 ボタンをクリックすると、すべての人気順位が確認できます。

・ 左サイドのサイト内ランキングには、2種類のランキング表があります。
次の、フリーソフトが、
    ダウンロードできます。
施工管理、測量計算、数量計算、

道路設計、流量計算、仮設工、

基礎工、  地質法面、下水道、

構造計算、鋼構造、 建築設計、

配管設備、電気設備、機械設計、

電気電子、空調設備、統計解析、

CAD画像PDF
………………………………………………………………………………………………………
次の、フリーソフトが、ダウンロードできます。
    施工管理、  測量計算、  数量計算、  道路設計 
    流量計算、  仮設工、    基礎工、    地質法面
■ 施工管理のフリーソフト
施工計画書 施工管理の書式 施工管理・総合
工事看板・安全看板 工事写真・写真管理 工事工程表 Excel
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面
ネットワーク工程表 安全書類 全建統一様式
作業員名簿 作業日報・工事日報 工事台帳・注文書

フリーソフト
サイト内 ランキング
原価管理・実行予算 出来形管理 コンク 品質管理
■ 測量計算のフリーソフト
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
測量計算 座標変換 座標計算・SIMA
基準点測量・トラバ 角・距離・交点計算 水準測量・レベル
路線測量・クロソイド F変換・GPS・写真
■ 数量計算のフリーソフト
数量計算 土量計算・鋼材重量 体積計算・面積計算
単位換算・ヘロン 土木工事の積算 建築工事の積算
設備・鋼材の積算 見積書・原価対比 建築鋼材設備見積
■ 道路設計のフリーソフト
車両軌跡図 床版橋・橋台・標識 バーチカル縦断曲線
切削・舗装温度管理
■ 流量計算のフリーソフト
流量計算・排水計算 等流・不等流計算 水路工・堰ダム
調整池の計算
■ 仮設工のフリーソフト
型枠・支保工足場 土留計算・山留計算 自立式・切梁式
■ 基礎工のフリーソフト
基礎工・地盤支持力 改良・液状化・杭基礎
■ 地質法面のフリーソフト
密度試験・ボーリング SS試験・CBR試験 円弧すべり・斜面
法枠工・落石対策
■ 下水道のフリーソフト
下水構造計算 縦断計算・流量計算
………………………………………………………………………………………………………
次の、フリーソフトが、ダウンロードできます。
 構造計算、 鋼構造、  建築設計、 配管設備、 電気設備
 機械設計、 電気電子、 空調設備、 統計解析、 CAD画像
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
■ 構造計算のフリーソフト
重力式擁壁の計算 L型擁壁・逆T擁壁 もたれ式・ブロック積
側溝・集水桝の計算 ボックスカルバート 看板・広告塔・標識

フリーソフト
サイト内 ランキング
モーメント・重心計算 構造計算・荷重計算 単純梁・連続梁
スラブの計算 RC断面の計算
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
■ 鋼構造のフリーソフト
鋼材重量・強度計算 鉄筋計算 H鋼・鉄骨の計算
■ 建築設計のフリーソフト
木造 N値・壁量計算 木造の構造計算 建築構造計算
建築確認申請・間取 開口計算・採光計算 風圧力・排煙・結露
■ 配管設備のフリーソフト
圧力損失・配管サイズ 配管設計・水理計算 上水道・宅地配管
パイプライン
■ 電気設備のフリーソフト
電圧降下・電線サイズ 電気屋さん・支持材 電気設備図・消防
■ 機械設計のフリーソフト
便覧・はめあい公差 板金展開図・歯車 ばね計算・チェーン
ボルトナット・ねじ
■ 電気電子のフリーソフト
電気・電子回路図 抵抗コイル・短絡電流
■ 空調設備のフリーソフト
熱伝導・熱負荷計算 ダクト圧力損失計算
■ 統計解析のフリーソフト
統計解析・総合 多変量解析・実験法 工程能力指数・品質
■ CAD画像PDFのフリーソフト
HO_CAD AutoCAD JW_CAD
電子納品 画像処理・測定ツール PDFの作成・編集
電子印鑑・電子決済
………………………………………………………………………………………………………
騒音、振動対策として、施工法、建設機械、作業時間帯を取り決める時は、仕様書に記載しなければなりません。騒音、振動対策にかかる費用については、正確に積算して、計算に組み込む必要があります。騒音、振動対策については、騒音、振動のボリュームを減少させるほか、発生する時間を短かくするなど、全体的に影響を小さくするように検討しなければなりません。
建設工事は、周辺地域の生活時間帯を考慮して、その作業時間を決定し、作業の延長などについても検討を行う必要があります。発注者、施工者は、騒音、振動対策が有効に講じられるように協議します。建設工事の着工前には、工事の目的、内容について、事前に地域住民に対して説明を行い、工事に理解と協力が得られるように努力します。騒音、振動の発生を抑制すること、騒音・振動が発生してもボリュームを低減すること、発生時間を短くすることなどが重要になります。
− END −