使える 技術計算 フリーソフト TOP <スマホ版> ページへ
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
調整池の計算、ため池の設計
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

流量計算 フリーソフト
流量計算・排水計算
等流・不等流計算
水路工・堰ダム
調整池の計算
調整池の計算、ため池の設計のフリーソフトです。洪水調節池の時間・流入量・放流量・水位の計算、ダム方式・横越流式による洪水調節計算・厳密計算、計算条件は降雨強度式・君島式・タルボット式・シャーマン式・久野式・石黒式ピーク流出量の計算式は合理式、オリフィスの形状は矩形・円形を2箇所、流入・流出ハイドログラフの作成などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面

フリーソフト
サイト内 ランキング
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
調整池の計算、ため池の設計 フリーソフト
洪水調節池 計画支援システム
洪水調節池(時間・流入量・放流量・水位の関係)の計算ができます。
流入ハイエトグラフの作成ができます。流出ハイドログラフの作成ができます。オリフィスは、2段設定できます
EXCEL 調整池の洪水調節計算 II
洪水調節計算を穴あきダム方式・横越流式(オプション)によって厳密計算を行います。降雨強度は、物部・タルボット・シャーマン・久野石黒式及び実績降雨に対応できます。降雨波形は前方・中央・後方を指定できます。
EXCEL 調整池の洪水調節計算I
洪水調節計算を穴あきダム方式による物部法によって厳密計算を行います。
降雨強度は物部・タルボット・シャーマン・久野石黒式及び実績降雨に対応できます。降雨波形は前方・中央・後方を指定できます。
横越流方式 調整池容量算定システム
河川水路等に接しその側壁堤防の一部を低く越流ぜきとし、下流流量を減らす横越流調整池の容量計算を行います。厳密計算による調節容量の算定を行います。
調整池(防災調節池) 容量算定システム
オフサイト貯留施設及び、オンサイト貯留施設の水文設計を行います。
貯留施設と浸透施設を併用した計算が可能です。
洪水到達時間の計算が可能です。
ため池の設計 洪水位の計算プログラム
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
土地改良事業設計指針「ため池整備」(H12.2)に準拠した、ため池の設計洪水位の計算プログラムです。確率降雨強度式としてタルボット式、シャーマン式および久野・石黒式に対応しています。カスタマイズ対応です。

フリーソフト
サイト内 ランキング
調整池の洪水調節容量算定
「大規模宅地開発に伴う調整池技術基準(案)」に準拠した調整池の洪水調節調整容量算定プログラムです。各種降雨強度式および降雨強度表の直接入力に対応し調整池の段数も3段まで対応しています。カスタマイズ対応。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
調整池計算
エクセルによる調整池貯留解析ソフトです。
計算条件は、降雨強度式及び君島式です。ピーク流出量の計算式は合理式です。オリフィスの形状は矩形を1箇所です。
調整池貯留解析
エクセル版の『 調整池計算 』の改良版です。計算条件は、降雨強度式、君島式、タルボット式、シャーマン式、久野・石黒式です。ピーク流出量の計算式は合理式です。オリフィスの形状は矩形または円形を2箇所です。
スポンサーリンク
使える 技術計算 フリーソフト TOP
地域自己水源の確保については、これまで遠隔地のダム開発に頼ってきた都市の水資源が厳しい状態にあることを考慮する必要があります。雨水利用と利用施設は、さまざまな役割を担っています。調整池、厳密計算、雨水調整池、池計算、調整池の計算、調整池、調整池容量計算、洪水調節地、クラーヘン式などのフリーソフトが、ダウンロードできます。標準処理のフローは、集水、沈砂槽スクリーンストレーナ、貯留槽、ろ過装置、消毒槽、処理水槽の流れになります。地域防災水源は、非常時、災害時における生活用水、防火用水として地域内に雨水を確保して、水源とすることです。ダム方式・横越流式による洪水調節計算・厳密計算、ピーク流出量の計算式は合理式、オリフィスの形状は矩形・円形を2箇所、流入・流出ハイドログラフの作成など、調整池の計算、ため池の設計のソフトが、ダウンロードできます。湧き水の復活、ヒートアイランドの防止、緑の保全といったことにも配慮しなければなりません。
□ ため池の対岸距離について

 対岸距離とは、ため池の水面上に風が吹いて、波浪を起こすことのできる自由水面距離をいう。したがって、本来ならば堤体から最高風速の方向に測った直線距離を用いればよいが、風向等のデータは少ないため、堤体からほぽ直線距離にして最大となる対岸距離を採用することにする。ほぼ直線としたのは、多少曲がっていても波の伝播する経路としてはF'よりもFをとるほうが合理的な場合があるからである。この画線をどの角度まで許すかは各々のため池において判断するものとする。ため池内に島がある場合は、その規模及び位置からFをとることができる。また、皿池の場合においても、池内最大となる直線距離をとるものとする。

□ ため池の風速について

 ため池位置における長期観測資料がない場合には、原則として風速30m/sを採用する。ただし、弱風帯に位置する地域であって、局地的な強風のおそれのない場合には、20m/sの風速を採用してもよい。1999年理科年表の最大風速記録を基に、30m/sを境として強風帯と弱風帯に二分した図があるが、地点によっては観測期間が非常に短い記録値となっているので、他の類似資料と合わせて検討する必要がある。このように、ため池で、余裕計算上の風速として最大風速記録の低い値を採用する理由は、以下のとおりである。
@瞬間最大風速は波浪を起こすだけの吹送時間がないため、これをとるのは不合理である。
A風向が対岸距離最大の方向と一致しないことが多い。
B山地のため池の場合は、地形、植生等の影響を大きく受け、風速は弱まる。


                     参考文献:「土地改良事業設計指針 ため池整備」
− END −