使える 技術計算 フリーソフト TOP <スマホ版> ページへ
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
ボックスカルバートの構造計算
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

構造計算 フリーソフト
重力式擁壁の計算
L型擁壁・逆T擁壁
もたれ式・ブロック積
側溝・集水桝の計算
ボックスカルバート
ボックスカルバートの構造計算のフリーソフトです。一連・二連・二層・斜角ボックスカルバート、ウィングなどの構造計算、直接基礎、等分布バネ、杭基礎の設計、ハンチ有り無し・荷重設定、応力計算、鉄筋量の計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
看板・広告塔・標識
モーメント・重心計算
構造計算・荷重計算
単純梁・連続梁
スラブの計算
RC断面の計算
ボックスカルバートの構造計算 フリーソフト
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
ボックスカルバートの設計
ボックスカルバート計算による計算根拠を示します。

フリーソフト
サイト内 ランキング
ボックスカルバートの設計
単BOX、2連BOX、2層BOX、斜角BOX、縦方向設計、ウィングなどさまざまな計算を行うことができます。断面方向の基礎形式は、直接基礎、等分布バネ、杭基礎から選択できます。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
ボックスカルバート 設計計算書 汎用版
ボックスカルバート設計計算書の出力プログラム汎用版です。
荷重は任意入力です。設計計算仕様は、建設省標準設計に準拠しています。
ハンチ無しの場合も考慮できます。SI単位です。
一連ボックスカルバートの構造計算
計算は、SI単位にて、撓(たわみ)角法による対称荷重を取り扱います。
汎用型ソフトです。任意荷重入力により、道路工ボックスカルバート以外の平面輪切形状のカルバート計算にも活用できます。
ボックス 設計支援システム
ボックスカルバートの応力計算及び構造計算用ソフトです。
1連ボックスの設計支援を行います。応力計算、鉄筋量を計算します。計算結果は図で表示します。SI単位系を使用しています。
EXCEL ボックスカルバートの計算
道路下の鉄筋コンクリートボックスカルバートに対して、形状寸法、土被り、地下水位、活荷重などの諸条件より、後輪・前輪の影響を考慮しラーメン計算、コンクリート応力度・鉄筋応力度の計算を行います。
EXCEL 構造計算 (水平ボックス)
コンクリートボックス断面(集水枡・ケーソン等)で、部材に等分布荷重が作用する場合のラーメン計算及びコンクリート応力度・鉄筋応力度の計算を行います。
形状寸法・側圧・鉄筋径を入力するだけです。
ボックスカルバートの耐震設計
1連及び2連ボックスに対して常時、レベル1地震時、レベル2地震時の検討を行うソフトです。設計検討は、開削用・直接基礎を対象にしています。液状化の検討では、地盤種別の判定、流動化の検討、液状化の判定、縦横断方向の耐震設計を行い、作用力の計算、断面力の集計、部材設計から構成されています。
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面

フリーソフト
サイト内 ランキング
スポンサーリンク
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
使える 技術計算 フリーソフト TOP
直接基礎、等分布バネ、杭基礎の設計、ハンチ有り無し・荷重設定、応力計算など、ボックスカルバートの構造計算のフリーソフトです。斜角のあるボックスカルパートの継手方向は、基本的には側壁と直角にします。ボックスカルバートの継手部の遊びが大きくなるケースです。地下水位が高い軟弱地盤などに設置するカルバートは、沈下や地震の作用に耐えるため、弾力性のある継手構造にしなければなりません。安定計算、断面二次モーメント、フリーソフト、ボックスカルバート、ボックスカルバート構造計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。ボックスカルバートの継手の位置、間隔、構造は、ボックスカルバートの長さ、基礎形式、上越し量、継手部の開口寸法などを検討して決められます。段落ちを防止するには、段落ち防止用まくらを設置します。
□ 従来型カルバートの適用範囲

 従来より多数構築されてきたカルバートは、慣用されてきた固有の設計・施工方法がある。従来の設計手法である「慣用設計法」により設計した場合は、長年の蓄積により所定の性能を確保するとみなせる。このようなカルバートを「従来型カルバート」と呼ぶこととし、従来型カルバートの適用範囲は下表の通りであるとともに、以下の条件に適合する必要がある。

 ボックスカルバートについては、現場打ちの適用土被り 0.5m〜20m とし、現場打ちの断面の大きさ 内空幅 B:6.5mまで、内空高 H:5.0mまで とする。プレキャストの適用土被り 0.5m〜6m とし、プレキャストの断面の大きさ 内空幅 B:5.0mまで、内空高 H:2.5mまで とする。

 門型カルバートについては、適用土被り 0.5m〜10m とし、断面の大きさ 内空幅 B:8.0mまで とする。
 アーチカルバートについては、現場打ちの適用土被り 10m以上 とし、現場打ちの断面の大きさ 内空幅 B:8.0mまで とする。プレキャストの適用土被り 0.5m〜14m とし、プレキャストの断面の大きさ 内空幅 B:3.0mまで、内空高 H:3.2mまで とする。
 遠心力鉄筋コンクリート管については、適用土被り 0.5m〜20m とし、断面の大きさ 3000mmまで とする。
 プレストレストコンクリート管については、適用土被り 0.5m〜31m とし、断面の大きさ 3000mmまで とする。
 コルゲートメタルカルバートについては、適用土被り 舗装厚+0.3 または 0.6の大きい方〜60m とし、断面の大きさ 4500mmまで とする。
 硬質塩化ビニルパイプカルバートについては、適用土被り 舗装厚+0.3 または 0.5の大きい方〜7m とし、断面の大きさ 700mmまで とする。
 強化プラスチック複合パイプカルバートについては、適用土被り 舗装厚+0.3 または 0.5の大きい方〜10m とし、断面の大きさ 3000mmまで とする。
 高耐圧ポリエチレンパイプカルバートについては、適用土被り 舗装厚+0.3 または 0.5の大きい方〜26m とし、断面の大きさ 2400mmまで とする。

                参考文献:「設計便覧(案)道路編」
− END −