使える 技術計算 フリーソフト TOP <スマホ版> ページへ
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
擁壁の計算、重力式擁壁の計算
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

構造計算 フリーソフト
重力式擁壁の計算
L型擁壁・逆T擁壁
もたれ式・ブロック積
側溝・集水桝の計算
ボックスカルバート
擁壁の計算、重力式擁壁の計算のフリーソフトです。道路土工・擁壁工指針に基づいた重力式擁壁の安定計算ソフト、クーロン公式・試行くさび法による土圧計算、などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
看板・広告塔・標識
モーメント・重心計算
構造計算・荷重計算
単純梁・連続梁
スラブの計算
RC断面の計算
擁壁の計算 総合 フリーソフト
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
CANAL#03:Excel 擁壁構造計算
擁壁構造計算のオールインワン・パッケージです。
逆T型・L型擁壁、逆L型擁壁、重力式擁壁、突桁式擁壁の構造計算、単位数量計算、構造図の出力ができます。

フリーソフト
サイト内 ランキング
WALL-EX 擁壁の計算I
逆T式・L型・重力式・半重力式・もたれ式擁壁の直接基礎構造計算および断面照査を行います。試行くさび法では背面形状及び上戴荷重はXY座標点により自由に設定できます。クーロン式では一定勾配の計算になります。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
WALL-EX 擁壁の計算II
逆T式・L型・重力式・半重力式・もたれ式擁壁の杭基礎構造計算を行います。
杭とフーチング結合部(結合方法:方法B)の計算ができます。
土圧は「クーロン公式」「試行くさび法」で計算します。
片持梁式 擁壁計算
L型、逆T型、逆L型など、片持梁式鉄筋コンクリート造擁壁の安定計算、断面計算ができます。宅地造成等規制法、建築基準法、道路土工-擁壁工指針に基づいて計算されます。常時及び地震時の計算ができます。主働土圧係数(KA)の計算はクーロンの土圧公式によります。
片持ばり式擁壁の設計
片持ばり式擁壁の設計を行います。擁壁の断面形状は逆T型・L型・逆L型に対応し、直接基礎、段差基礎、杭基礎の安定計算/竪壁、底版、突起の部材計算が行え、出力はそのまま報告書として利用できます。
U型擁壁計算
U型鉄筋コンクリート造擁壁の安定性及び断面計算をします。
造成地の階段、傾斜路等の擁壁に使用できます。計算のチェックができ各申請書に添付できます。
任意形擁壁設計システム
さまざまな形状の擁壁に対する安定計算および断面計算を行うシステムです。
擁壁前面側への張出しを別途入力可能です。
控え壁の考慮が可能(安定計算のみ)です。突起の考慮が可能です。
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面
擁壁図面集
現場打ちL型擁壁と小型重力式擁壁を、SFC形式(Ver.2)に変換した図面集です。

フリーソフト
サイト内 ランキング
スポンサーリンク
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
重力式擁壁の計算 フリーソフト
重力式擁壁 安定計算
道路土工 擁壁工指針に準拠した、重力式擁壁の安定計算ソフトです。
土圧の計算方法は、試行楔法(常時及び地震時)です。
重力式擁壁の安定計算
道路土工 擁壁工指針に準じて、重力式擁壁の安定計算を行うソフトです。
重力式擁壁の設計
重力式擁壁の設計を行います。道路、土地改良、建築、防災(待ち受け、落石防護)など、さまざまな分野で利用できます。直接基礎、段差基礎、杭基礎の安定計算/竪壁、底版、突起の部材計算が行えます。
重力式擁壁 設計支援システム
重力式擁壁及びもたれ式擁壁の安定計算及び構造計算用ソフトです。SI単位系に対応します。重力式擁壁及びもたれ式擁壁に対応します。地震時、地下水、浮力等に対応します。安定計算、構造計算(応力度)ができます。
重力式擁壁の設計 (土地改良事業編)
土地改良事業計画設計基準「農道」に準拠した重量式擁壁の設計計算プログラムです。適用土圧式として試行くさび法の他、土圧分布を直接入力できます。
その他の外力なども考慮できる設計ツールです。
重力式擁壁計算
重力式コンクリート造擁壁(宅地造成、道路土工擁壁)の安定計算を行います。
土圧の計算はクーロンの土圧公式及び試行くさび法によります。
関係書類に添付することができます。
使える 技術計算 フリーソフト TOP
道路土工・擁壁工指針に基づいた重力式擁壁の安定計算ソフトなどの重力式擁壁の計算のソフトがあります。長期荷重と同じ様に、短期許容応力度が決められています。短期荷重については、常時荷重と一時荷重が組み合わさり影響した時の荷重をいいます。重力式擁壁、単純支持スラブ計算、配筋図、大型ブロック、鉄筋コンクリート、応力解析プログラムなど、擁壁の構造計算のフリーソフトです。許容応力度は、荷重を取り去った時に、もとの恰好に還る力の度合で、長期許容応力度はこれに大きめの安全率を設定して定めています。
□ 裏込め工
 裏込め工の施工には、盛土との同時進行、裏込めの先行、裏込めの後施工がある。路床面と頂版上面間の土被りが 1m 以下で、背面の盛土の沈下により路面の不陸が考えられる場合、盛土においては、裏込め工を先行して施工するのが望ましい。ただし、裏込め工が先行できない場合は同時に立ち上げるのが良い。裏込め工の材料は購入土等の良質材とする。裏込め先行の場合は、裏込め材にクラッシャランを用い、地下排水溝を設置する。同時進行の場合は、背面5m程度を同時に盛り立てる。

□ 防水処理
 地下水位の影響を受けるおそれのある道路構造物は、原則として防水処理を行うこと。防水処理は一般に、底版と側壁の打ち継ぎ目付近、伸縮目地の周囲に行うものとするが、市街地、地下水位等で、全面行う必要のある場合はこの限りでない。

□ 排水工
 供用後の裏込め部の沈下の原因は、裏込め部の含水比上昇による場合が多い。特に、切盛境や沢部に設置された構造物では、地下排水溝等を十分に設置し排水を行うことが望ましい。なお、この場合地下排水工の流末について考慮すること。

                参考文献:「設計便覧(案)道路編」
− END −