使える 技術計算 フリーソフト TOP <スマホ版> ページへ
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
構造計算、荷重計算 フリーソフト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

構造計算 フリーソフト
重力式擁壁の計算
L型擁壁・逆T擁壁
もたれ式・ブロック積
側溝・集水桝の計算
ボックスカルバート
構造計算、荷重計算のフリーソフトです。構造計算公式の計算、構造設計補助ツール、フレームの応力解析図形断面性能の算定、換算等分布載荷重の計算、構造物の偏心率の計算、ラーメン公式を用いた応力計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
看板・広告塔・標識
モーメント・重心計算
構造計算・荷重計算
単純梁・連続梁
スラブの計算
RC断面の計算
構造計算、荷重計算 フリーソフト
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
構造計算 html版
数多く存在する構造計算公式を、簡単に計算することができます。
市販の構造解析ほど有能ではないですが、一般的な構造計算ならば十分使用に耐えることができると思います。

フリーソフト
サイト内 ランキング
断面計算 III-N
構造設計補助ツールです。線積分計算の機能があり、あらゆる断面に対応します。
データと作画の合成印刷もできるので、そのまま報告書として使用できます。
入力データと結果はCSVファイル読み書きできます。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
任意形フレーム応力解析 MATRIX
平面内のフレームの応力解析を行うソフトです。フレームの形状・部材断面・支持条件・荷重条件の設定は、画面上でインタラクティブに行うことができます。荷重の種類は、節点荷重・等変分布荷重・台形荷重・部材集中荷重・CMQ追加荷重・部材温度伸縮荷重があり、種々の荷重に対応できます。
図形断面性能
任意形状、既製断面の複合図形を自在に、反転回転移動でき、主軸も計算できます。オリジナルな断面と、既製(既知)断面、その複合断面の図心に対するモーメント性能を計算し、主軸を割り出します。
FED 任意形状 断面性能算定
あらゆる長方形断面の断面性能を、簡単に求めることができます。
換算等分布載荷重の計算
土地改良構造設計「換算等分布載荷重」の計算を行います。
inputシートに計算条件を入力すると計算結果が出て、outputシートに印刷します。形状図にDWGファイル使用しています。
偏心率 Kさん
軸力とD値を入力することにより、ラーメン・ブレース構造の偏心率を計算するソフトです。
ラーメン公式 Kさん
ラーメンの公式を用いて応力を計算するソフトです。
門型・山形・アーチ形、異形門型、下屋式、各ラーメンの公式を用いて応力を計算します。
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面

フリーソフト
サイト内 ランキング
スポンサーリンク
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
使える 技術計算 フリーソフト TOP
柱、梁、壁などの構造体を、平面的にも立面的にも釣りあい良く並べることが重要です。構造体に不都合があっても、構造物の崩落による災害が発生しない構造が耐震構造になります。大きな地震では多少の影響はあっても崩壊しないような計画が要望されています。耐震設計では構造物を地震から護るために、必須の強さと粘りをもっています。耐震とは、メインとなる構造自体の強さや粘りにより、構造物の崩落を防止することをいいます。強度計算、断面設計、設計計算、土木設計、断面力、断面係数、等分布荷重など、構造計算・安定計算のフリーソフトのリンク集です。重心位置、慣性モーメント、断面二次モーメント、周長、中性軸などの重心計算、モーメント計算のソフトがあります。
□ 座屈長さについて

部材の座屈長さは、本来、材端条件によって決まるものです。座屈長さ係数は、材軸に沿って圧縮力が変化する場合や、変断面材の場合に対しても一定軸力、一様断面の座屈荷重に換算して、材長Lに座屈長さ係数κを掛けたものとして表すことが多いです。

@ 両端ピン
部材の両端がピン(ヒンジ)なので、両端共に回転します。したがって、部材の長さLがそのまま座屈長さlkになります。両端ビンの部材がlk=Lなので、座屈長さの基本と考えます。

A 1端ピン他端固定
部材の1端がピンなのでこちら側は回転します。他の1端は固定なので回転しません。この場合の座屈長さは、lk=0.7Lになります。

B 両端固定
両端が固定されていると両端共に回転しない。この座屈長さは、lk=0.5Lになります。

C 1端固定他端自由
1端が固定されて1端が自由の部材では、固定端は回転しませんが、自由は回転すると共に水平移動します。材長Lの2倍の長さの両端がピンの部材の変形と同じになります。この場合の座屈長さは、lk=2.0Lになります。1端固定他端自由の条件の場合が最も座屈しやすいのです。

D 回転拘束他端固定
1端自由他端固定部材の自由端の回転を拘束した状況のものです。回転は拘束されますが、水平移動は拘束されません。部材の長さの中央に半曲点が生じます。固定端から半曲点までの長さは、L/2です。この状況は部材長L/2の1端固定他端自由と同じ変形です。したがって、このL/2の2倍の長さのLが座屈長さになります。

                             参考文献:「建築構造力学」山海堂

「イヤというほど詳しい 建築構造力学」[山海堂]は、読んで、図を見て、力学を楽しく学べる、わかり易い参考書です。現場に即した例題も、たくさん掲載されています。
− END −