使える 技術計算 フリーソフト TOP <スマホ版> ページへ
使える 技術計算 フリーソフト の ダウンロード
側溝・集水桝の構造計算
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

構造計算 フリーソフト
重力式擁壁の計算
L型擁壁・逆T擁壁
もたれ式・ブロック積
側溝・集水桝の計算
ボックスカルバート
側溝・集水桝の構造計算のフリーソフトです。U型側溝・鉄筋コンクリートフリュームの構造計算、水路工に土圧・水圧・側壁集中荷重・外圧・内水圧が作用する場合の応力計算、コンクリート応力度・鉄筋応力度の計算、集水桝の無筋・有筋構造の判定と応力計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
看板・広告塔・標識
モーメント・重心計算
構造計算・荷重計算
単純梁・連続梁
スラブの計算
RC断面の計算
集水桝の構造計算 フリーソフト
 構造計算、 鋼構造、
 建築設計、 配管設備、
 電気設備、 機械設計、
 電気電子、 空調設備、
 統計解析、 CAD画像
現場打ち集水桝 計算書作成
現場打ち集水桝の材料計算書作成プログラムです。
流入、流出数の合計が2箇所〜4箇所までの入力が図面を見ながら行えます。

フリーソフト
サイト内 ランキング
集水桝の構造計算 2
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
Excelにより集水桝の無筋、有筋構造の判定をして応力計算を行います。
(SI単位系) 有筋構造の場合、鉄筋の条件を入力すれば応力計算を行います。
設計計算書(A4版)として提出できます。
Get Box
土木用集水桝の設計を簡単に行えます。各現場に応じた寸法を入力すれば、表示画面にて、図面データーのチェックができます。印刷や画像ファイル変換ができ、3種類のCADへの出力を行うことが可能です。
桝図面作成支援
集水桝図面の作成支援プログラムです。
桝の寸法と接続側溝の種類と位置を入力するだけで、作図が可能です。
autocad、jww(jwc)から読み込み可能です。
スポンサーリンク
側溝の構造計算 フリーソフト
U型側溝 構造計算
エクセルによる土木構造物U型側溝構造計算用ソフトです。
側壁と底版隅角部の構造計算、側壁・底版に対し鉄筋が必要か必要でないかの判定、鉄筋が必要な場合は鉄筋量の検討を行います。
 施工管理、 測量計算、
 数量計算、 道路設計、
 流量計算、 仮設工、
 基礎工、  地質法面
EXCEL U型水路 構造計算
コンクリートU型水路に外圧(土圧・水圧・側壁集中荷重)及び内水圧が作用する場合の、応力計算及びコンクリート応力度・鉄筋応力度の計算を行います。

フリーソフト
サイト内 ランキング
道路排水構造物断面の検討計算書 (CivilSoft-H)
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
道路の排水構造物断面の検討を行う計算書(エクセルシート)です。
計算を行う前の基本事項を記したA4版の報告書もあるので、そのまま成果品にできます。集水桝(街渠桝)間隔の計算書も同梱しています。
フルームの設計
土地改良事業計画設計基準・設計「水路工」基準書・技術書によるフルームの設計計算プログラムです。フーチング付きの構造や、たて壁外側筋の段落としの検討にも対応しています。カスタマイズ対応できます。
鉄筋コンクリートフリュームの構造計算
汎用型ソフトです。エクセルワークシートによる、土地改良構造設計基準に準じて計算を行います。機能性に富み、一層の省力化が図られます。
水路工
地震時を考慮しなくてよい水路フルームの計算を行います。
鉄筋コンクリート応力度の検討(SI単位系)の計算を行います。
U型水路の設計
U型水路の常時・地震時の安定計算を行います。側壁・底版など、部材設計を行うことができます。土地改良事業計画設計基準 設計「水路工」に基づいています。左右対称、非対称のU型水路の形状に対して計算を行うことができます。見掛けの震度、試行くさび法、任意土圧係数の指定にも対応しています。
kTen
jwcadの外部変形を利用して、側溝の展開図を作成するソフトです。
使える 技術計算 フリーソフト TOP
山間の道路では縦断が急勾配で、側溝の流速を規定内に計画できない場合があります。湿潤地や湧水の発生箇所の地下水を排除できるようにして、地山の不透水層の上部に設置します。水路工に土圧・水圧・側壁集中荷重・外圧・内水圧が作用する場合の応力計算、コンクリート応力度・鉄筋応力度の計算など、側溝・集水桝の構造計算のフリーソフトです。水流が側溝と排水ますの合流部の断面変化部などで、跳び水などの発生がなく正常に流下することなどについて、考慮しなければなりません。周辺の水流が合流できるように、地盤を十分に掘り込んで据付けます。地下には、多孔管、透水性の高い栗石、そだなどを使います。U型側溝構造計算、I型ばり、U型水路たわみ構造計算、集水桝の構造計算、コルゲートパイプ設計など、水路・側溝・集水桝のフリーソフトのリンク集です。側溝の流速は、マニング式により、縦断勾配と流水断面により計算できます。
□ 水路カルバートの断面決定
 水路カルバートの断面を設計する場合は、原則
として計算によって求めた最大通水量(満流々量)の80%をとって設計通水量とする。ただし、但し山地において土石流、流木等の流入が予想される場合には、計算上必要断面の 3倍を限度に断面を大きくすることができる。なお、河川管理より断面を指定された場合はこの限りではない。また、上流側に泥だめ、落差工等を設けることが望ましい。 水路用函渠の上、下流及び取付水路の先端部には、止水壁を設けるものとする。なお止水壁の厚さは 30 p以上とする。

□ 水路カルバートの地覆の設計
 土被りのない場合、地覆の幅は、防護柵等の路肩構造物の設置に必要な幅をとる。ただしウイングの厚さ以下となってはならない。また、構造上地覆の高さが高くなり設計計算上から厚さが決定される場合、カルバート本体の頂版厚より厚くなる高さをとってはならない。盛土の途中からカルバートが出る場合、地覆の高さは 50 pを標準とし、それ以上となる場合は別途検討を行う。幅はウイングの幅と同一とする。また、ウイングの応力計算は、地覆の高さを 30 pとして設計を行う。水路ボックスカルバートの場合は、地覆の高さを 30 pとする。

                参考文献:「設計便覧(案)道路編」
− END −